個体値とは、モンスターの限界能力の上限を変動させることが出来るイルルカからの追加要素です。
HP、攻撃力、すばやさは +100 ~ -100の間で数値が変化する。(Aグループ)
MP、防御力、賢さは +200 ~ -200の間で数値が変化する。(Bグループ)
ただし、上記の値は全て新生配合前の変化量である。AI複数行動持ちは、補正値が入るので、変化量は少なくなる。
また、Aグループの変化量を2倍してBグループと合計すると必ず0になるようになっている(全て+100 or +200、等は作れない)。


個体値の厳選ルール1
厳選には悪魔の書か黙示録を使う(大悪魔、魔王でもおk)
あくまの書:すべて0
あくまの黙示録:+200、-200、0
悪魔の黙示録が誕生する時、ランダムで+200と-200と0の組み合わせが作られる。

個体値の厳選ルール2
♂と♀で遺伝する数値が異なる。
♂:HP、攻撃力、すばやさ(HPと攻撃力の組み合わせはない)
 誕生する組み合わせ
  H+100,S-100
  H-100,S+100
  P+100,S-100
  P-200,S+100
♀:MP、防御力、賢さ(MPと防御力の組み合わせはない)
 誕生する組み合わせ
  D+200,W-200
  D-200,W+200
  M+200,W-200
  M-200,W+200
悪魔の黙示録を使えば、3つのうち1つは最大になり、1つは最小になる(残りは変化なし)。

個体値の厳選ルール3
能力遺伝の優先度は、かしこさ→すばやさ→しゅび→こうげき→MP→HP
♂と♀を配合すると、両方の数値を足し算した合計が子供に遺伝される。
その際、限界値をオーバーした場合は、優先度が高いものから順番に数値が遺伝され、優先度が低いものにつじつま合わせの修正が入る。


個体値の厳選ルール4
個体値は、鍵やイベント配布で手に入れたモンスターと組み合わせる事で、個体値の種類を判別出来る。





略字として
HPはH、MPはM、攻撃力はP、守備力はD、すばやさはS、賢さはWとして扱う事にする。

使える個体値の作り方
  • Aに希望の個体値を持たせたい場合の配合方法
  1. 希望のスキルを詰め込んだ、すべての個体値が0の♀モンスターを用意する(A)。
  2. ♂黙示録(B):H+100,S-100を用意する。
  3. ♀黙示録(C):M+200,W-200を用意する。
  4. ♀黙示録(D):D-200,W+200を用意する。
  5. ♀黙示録(E):D-200,W+200を用意する。
  6. Aに転生杖を持たせて、Bの♂の杖を持たせた状態でAとBを配合する(F)。
     H+100,M0,D0,S-100,W0の数値を持った♂が出来る。
  7. Fに転生杖を持たせて、Cの♂の杖を持たせた状態でFとCを配合する(G)。
     H+100,M+200,D0,S-100,W-200の数値を持った♂が出来る。
  8. Gに転生杖を持たせて、Dの♂の杖を持たせた状態でGとDを配合する(H)。
     H+100,M+200,D-200,S-100,W0の数値を持った♂が出来る。
  9. Hに転生杖を持たせて、HとEを配合する。
    黙示録はすべて、新規に誕生させたものを使用する。新規に誕生した黙示録は決まった2カ所以外の個体値がすべて0になる。

 これでH-100,M+200,P0,D-200,S-100,W+200の個体値になる。






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-12 (水) 16:07:44